会社案内:パドックの歴史

中山で、鈴鹿で、Carレースに明け暮れた青春時代

岡本辰彦のF4-1000
35年を超える『パドック』の歴史を紐解くと、代表・岡本辰彦と妻・マダムAkoが
それぞれユニークな足跡をたどってきたことがわかります。

どうやって、現在のパドックができあがったのか?
まずは岡本辰彦のレース人生からご覧ください。


岡本辰彦 Tatsuhiko Okamoto
株式会社パドック 代表取締役社長
1951年生まれ


1969(18歳)
4輪普通免許取得と共に、ジムカーナをスタート。4輪レース界に足を踏み入れる。


1972(21歳)
設立間もない中山サーキットを中心にN360やB1100サニーで活躍。
耐久レースやフォーミュラカーレースでも頭角を現す。
1972年 中山サーキット B110サニー1972年 中山サーキット N3601972年 中山サーキット フォーミュラ


1973(22歳)
1973年 山陽スポーツランド杯 レースレポート山陽スポーツランド杯 ノーマルカーレースで優勝。

当時の雑誌記事(右写真)を抜粋してみると……
「予選2位の99岡本辰彦(サバンナ)がいいスタートを切る
~(中略)~
こうした背後での3位争いをよそにトップの99岡本は独走を続けていた。
~(中略)~
そうこうして、観客も真のコンペティションを楽しんでいるうちに15周という短いレースは終了。トップはもちろん独走の99岡本だった


1978(27歳)1978年 中山サーキット FLクラス


中山サーキットでFLクラスを駆る。
表彰台の常連だったとか。


1979年 CB750F1979(28歳)
ホンダ・CB750Fがデビューすると同時に購入。

バイクも大好きだったが、
「自分で走って優勝する才能には恵まれていなかった」
「マシンを仕上げ、若手ライダーを走らせるほうが楽しかった」
と岡本は話す。


1980年 鈴鹿GP FL-5501980(29歳)
JAF SUZUKA GRAND PRIXに参戦。

この年、最高峰クラスのF2(2000cc・約300ps・35周)では星野一義、中島悟、高橋国光といった名ドライバー達がしのぎを削り、F3(2000cc・約160ps・20周)では鈴木亜久里(当時20歳)が頭角を現していた。


1980年 鈴鹿GP プログラム11980年 鈴鹿GP プログラム21980年 鈴鹿GP プログラム3
現在も大事に保管している1980年当時のプログラムには、ゼッケン10・岡本辰彦の名前が記されている。
岡本辰彦は「毎回大混戦のスプリントレース(10周)」と称される「フォーミュラリブレ550=FL-550」(軽自動車のエンジンをアルミモノコックフレームに搭載し最高速度は220km/h)に参戦。

当時のプログラムには、以下のように書かれていた。
「ハヤシ706をドライブする岡本辰彦、戸田RSⅢの前田照文のふたりは、ホンダ497ccエンジンでスズキエンジン勢に挑戦だ。ホンダは4サイクル2気筒、スズキは2サイクル3気筒という違いもあり、エンジンの特性もかなり違う。岡本がどこまで戦うか、彼の健闘に期待したい」


1981(30歳)
津山ナショナル製品(株)を退職。パドックの経営に専念する。

ルーツは、マダムAkoがひとりで切り盛りするCafeだった

1976年 創業時のパドック1976
レーサー仲間の集まる小さなカフェ『Paddock』として創業。
夫・岡本辰彦は津山ナショナル製品に勤務。
マダムAko(あこ)がひとりで切り盛りしていた。


1977
運転免許を持たないマダムAkoだったが、
岡本辰彦の影響でクルマやバイクに乗り始める。

やがて「ライダーの集まるカフェがある」という評判を聞きつけた、バイク用品メーカーの代表者たちがたびたび来店。これがキッカケで、岡山初のクシタニ取扱店に発展した。

1977年当時のマダムAkoパドックに展示中のツナギ●左写真:当時は赤いツナギを着てドゥカティ・350デスモを駆っていたマダムAko。
※ツナギはパドックに展示中。

その頃のことをよく知っている常連のお客様は……「すごくモテたねぇ。みんなAkoさんと一緒に走りたくて、クシタニのツナギを作ったんだ」と話す。




1981年当時のツーリング風景1981
1月2日に第1回「新春ツーリング」をスタート。
(このイベントは現在も続く)

10月には本田技研工業(株)と販売契約を結ぶ。

●右写真:右端がマダムAko。
 クシタニのユーザーと共にツーリングを楽しんでいた。


1982
セーフティパーク津山を開設し、モトクロスや4×4レースを企画・主催。
レッドホンダミーティング開催時は、中国道・津山ICまで観客のクルマが並んだという。
現在はダンロップテストコース。
1982年 片山敬済さん+マダムAko1982年 セーフティパーク津山1982年 セーフティパーク津山 4×4
●写真左:日本人初のWGPチャンピオン・片山敬済もよく通ってきたという。向かって右の女性がマダムAko。●写真中央&右:岡本辰彦が自ら開墾して「セーフティパーク津山」を作り上げた。



1983年 パドック通信 1983
津山市小原に移転し、新店舗をオープン。
(株)スズキ二輪、ヤマハ発動機(株)と販売契約を結ぶ。

●右写真:当時の新聞折り込みチラシ。
ヒロコノのロゴに添えられた解説は「アンアン・ノンノで紹介された女性ナナハンライダー・堀ひろこのオリジナルブランド。バイクはもちろんタウンウエアとしても着ていただけます。岡山県下では『パドック』にしかありません
……この「他店にないものを!」という姿勢が、現在にも受け継がれている。


1985
1985年 鈴鹿4耐(株)カワサキモータースジャパンと販売契約を結ぶ。

聖地SUZUKAを目指し、鈴鹿4時間耐久レースに初挑戦!
(以来、7年連続参戦)

※翌年には同じくFZ400Rで決勝8位入賞を果たす。


1986
津山市二宮に移転。新店舗オープン。
1986年 パドック 二宮時代の外観1986年 パドック二宮時代の店内


スポーツサイクル(自転車)や外車ブランドも取り扱っていた。店内に「カフェ=集まれる場所」を併設しているのが、創業時からの伝統。

1987
1987年 鈴鹿にトラックで通っていた頃 (株)パドックに組織変更。

●右写真:当時はトラックにレーサーを積み込み、夜明け前に会社を出発。
 下道で鈴鹿サーキットまで練習に通っていた。


1988
マリン事業部をスタート。
1988年 マリン事業部1988年 スノーモービル事業部1988年 エアプレーン事業部
夏はマリンジェットやジェットスキー、冬はスノーモービルでお客さんたちと一緒に遊んだ。飛行機に熱中した時期も。



1988年 鈴鹿4耐1988年 鈴鹿4耐 NSR250R
鈴鹿4時間耐久レースにNSR250Rで参戦。スポンサーはHRCとダンロップ。「この頃がいちばん速かった」と岡本。
1988年 パドック通信●当時の新聞折り込みチラシ:アダムAkoの影響で女性ライダーも多かったようだ。チラシには「ツーリング参加者の5人に1人は女の子」と書かれている。




1990年 パドック通信1990
「はっきり言って、遊びじょうずです。」のコピーが印象的。

オリジナル制作したマリンジェット&ジェットスキー用のトレーラーも好評だった。






1992
1992年 鈴鹿8耐 鈴鹿8時間耐久レースにステップアップ!
(以来、3年連続参戦)


1994年 ハーレー・ダビッドソン専門店(早島)1994
岡山にハーレー・ダビッドソン専門店を出店。
(現在は『トライアンフ岡山』)

鈴鹿4耐初挑戦から10シーズン目を迎えたのを機に、レースから撤退。
「速くないからこそ、面白そう!」とハーレーに注力していく。

1994年 パドック パンフレット11994年 パドック パンフレット21994年 パドック パンフレット31994年 パドック パンフレット4
●当時のパンフレット:小豆島にマリンリゾートRIHAKUをオープン(1993年)。ボートライセンススクールやダイビングスクール、レーシングカートライセンススクールを手掛けていたほか、ツーリングクラブ、アウトドアクラブ、マリンクラブを運営していた。


1998年 湯郷ハーレーフェスティバル 1996
「米国スタージスの日本版を!」との想いで、
湯郷ハーレーフェスティバルをプロデュース。
「晴れの国・岡山で開催されるハーレーミーティング」の立案・企画・運営に携わる。

●右写真:第3回湯郷ハーレーフェスティバル(1998)。
「初めて米国スタージスに行ったとき、街を挙げてライダーを歓迎し、いたるところでハーレーのレースが行われている光景に度肝を抜かれてね。これを日本でも……が第1回の開催趣旨」と岡本。


2001年 パドック創業25周年記念 1997
アメリカ・シアトルツーリングを開催。


1998
出雲店オープン。


2000
東京ボートショーに、オリジナルのトレーラーを出展。


2001
創業25周年を迎える。


2003
規制緩和を受けて、トライク=3輪バイクの製造を本格化。
オリジナルモデルの販売を始める。


2004
2004年 スリーホイールジャパン創業トライクメーカー
スリーホイール ジャパン』を設立。



2005
津山市下田邑に移転。
西日本初のトライアンフワールド店『トライアンフ岡山』をオープン。
2005年 トライアンフ岡山 OPEN2005年 パドック 外観



『遊びの発信基地 パドック』から『オトナのためのモーターサイクルストア Paddock』へと、コンセプトを昇華。ロゴも一新した。


2008
2008年 トライアンフ岡山(早島)『トライアンフ岡山』を早島に移転オープン。

2008年 レンタルバイク岡山レンタルバイク事業も強化。
中国・四国・九州方面へのアクセスを
考慮して、津山と早島に拠点を構える。
年々、外国人利用客も増加中。



2011
2011年 MVアグスタ正規ディーラーMVアグスタジャパンと正規ディーラー契約を結ぶ。


2012
2012年 ロイヤルエンフィールドジャパンと正規ディーラー契約を結ぶ。

2013
2013年 BRPジャパンと正規ディーラー契約を結ぶ。



創業40周年へ向けて

ビッグマシン 2009年3月号 掲載記事1980年代、私(岡本辰彦)はこう考えていました。
「速くなければバイクじゃない。だから、目指したのはスポーツバイク専門店。メーカーの垣根を越えて、お客さんが望むモノ、自分が気に入ったモノだけを取り扱いたい」……と。

やがて、転機が訪れました。
鈴鹿4耐に7年、鈴鹿8耐に3年。計10年におよんだレース活動も、ワークス優勢&ビジネス優先の風潮が高まるにつれて、参戦意欲が失われてきたのです。
「バイクって、もっと楽しいものじゃなかったのか?」

そんなときに出会ったのが、ブームになる前のハーレー・ダビッドソンです。
アメリカに視察に出かけると、街をあげてライダーを歓迎している光景に、我が目を疑いました。
「ライダーの持っている熱いモノって、国やジャンルに関係なく、一緒なんだ」って感じたんです。

こうして「レース大好き」だった私が、ツーリングの楽しさにも目覚めていきました。
「たどり着く先ってツーリングではないでしょうか? 旅を楽しもうとすれば、そのためのメンテナンスもする、走り方も考える、ウエアも選ぶ。おまけに“人とのつながり”が広がって、バイクライフがいっそう豊かなりますからね」

そんな折にトライアンフと出会い、専売店へと舵を切りました。
一方でトライクを開発し、レンタルバイク事業を企画し、猛然と走り続けて……
2011年に還暦を迎えましたが、生涯現役とばかりに、大型トライクの企画・開発・製造、
新たなバイク遊びの企画などに取り組んでいます。

半面、長女・岡本千絵が『パドック』を引き継ぐ決意を固め、
みなさまにもっと愛されるバイク屋さんを目指して、夢を膨らませています。

将来の具体的な姿をお話しできるのは、もう少し先になりそうですが、
一歩一歩、着実に進んでいるのは確かです。

これまで『パドック』とスタッフ一同を支えていただき、本当にありがとうございました。
そして、これからの新しい『パドック』も、どうぞよろしくお願いいたします。

もっとも、私が本当に第一線を退くのは、まだまだ先の話でしょうけどね(笑)

…………株式会社パドック 代表取締役社長 岡本辰彦 2011年
ページのトップへ戻る